酵素とは

酵素は大きく分けて3種類あります。

体内で作られる「 潜在酵素 」と
食べ物から摂る「 食物酵素 」の2つ。

そして、体内で作られる潜在酵素を大きく2つに分けた、

  • 代謝酵素
  • 消化酵素

です。

代謝酵素とは。

体の細胞を作ったり、食べ物をエネルギーに変えたり、免疫力や治癒力を維持するなど、
あらゆる「 代謝 」に使われます。

消化酵素とは。

食べ物の消化や吸収に使われます。
食べたものを腸で吸収できるように小さな分子まで細かくします。

両者とも人が生命活動をする上でとても大切な働きをします。
体内の酵素が尽きれは、人の生命が終わると言われるほど大切なものです。

酵素には数に限りがある

体内で酵素が作られる数は遺伝により、人それぞれ決まっていると言われています。

また、1日に使える量は一定量と決まっているため
酵素を無駄使いをしてしまうと、足りなくなってしまうんです。

代謝酵素と、消化酵素はバランスをとっている

人が一日に使える酵素の量は限られています。
無駄に使ってしまいがちなのが実は消化酵素です。

  • 消化にたくさんのエネルギーを使う食べ物
  • 酵素の入っていない食べ物

これらを消化するために、消化酵素はたくさん使われます。

そうすると、代謝酵素に酵素が回せなくなり、代謝酵素を必要とする、細胞の入れ替えや
解毒、排泄、免疫などが後回しになってしまうのです。

風邪を引きやすくなったり、免疫が落ち抵抗力が低くなったり
便秘がちになったりしてしまうのは、代謝酵素が足りないのかもしれません。

食物酵素ってなんだろう?

食物酵素は、新鮮な生の野菜やフルーツ、生の肉や野菜に入っています。
また、発酵食品。納豆や味噌、醤油、漬物にも酵素が豊富に入っています。

基本的に酵素は熱に弱く、加熱すると壊れてしまいます。
ゆでた野菜より、生野菜を積極的に取るほうが酵素を補給できます。

消化にたくさんのエネルギーを使うもの

酵素を含まない食品、逆に多くの酵素を消費してしまう食品があります。

  • 加工食品
  • アルコール類
  • 食品添加物
  • 保存料

などです。

食物酵素を多く含む食品を食べると、食べ物に含まれる酵素が消化酵素を助け、
消化酵素の消耗を減らしますが、加工食品や添加物ばかりの食事は多くの酵素を
消耗してしまうのです。

食事で酵素を補給する

食物酵素は消化酵素を補います。

例えば、消化のために100の酵素が必要な食べ物を食べると、
消化酵素は100必要ですが、食べ物が40の酵素を持っていると、
消化の為に必要な酵素を食物酵素が補ってくれるので、消化酵素は残り60使えば良い。
このような計算になります。

消化に必要な酵素100 - 食物酵素0の食事 = 消化酵素100が必要

消化に必要な酵素100 - 食物酵素40の食事 = 消化酵素60が必要

食物酵素を多く含む食品を積極的に摂ることで、消化酵素の負担は減ります。
その分を体の代謝( 細胞の入れ替え、修復、免疫、毒素排泄など )に使うことができます。

また、酵素ドリンクなど酵素サプリメントを積極的に取ることは、
とても前向きな健康法といえます。